キラキラ☆優☆優日記 

重度の障害を持つお姉ちゃん「うちゃま」と、お姉ちゃん想いの妹「ゆなっこ」とパパ・ママの4人家族の日々記録です☆
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP自分のこと ≫ 100万回生きたねこ

100万回生きたねこ

2月16日

パパが満島ひかりのファンで、ミュージカルを見てみたいとのことで、去年より購入していたチケット。

やっと公演を迎えました。

1チケット

郊外のホールで駐車場が不安だったので、早めに出て、駐車場を確保して、ランチをすることに。

ホールの近くのtina courtというところの、インド料理「ガネーシュ」でカレー&ナンランチ☆

2ガネーシュ

ガネーシュの2階が家電売り場のエディオンだったので、少し物色して、さくらぴあホールへ…

3さくらぴあへ

市役所とホールが併設されたホールです。
このチケット購入を機に会員になったので、いろいろ行ってみたいなぁ~♪

13時の開場を待つ人の列

4開演を待つ人たち

何年ぶりかの夫婦二人のデートなので、とりあえず、証拠写真(笑)

5夫婦セルフタイマー

看板はこんな感じでした…

6看板

開演前にグッズを買い求める人の列

7グッズを買う人たち

こんなのいるん?っていうような、Tシャツやレギンスやパーカーなどが売っていました(笑)

劇の第一部は13時半~14時50分

主役の猫(森山未來)がいろんな人の飼い猫になって、何度も死んで生き返るという場面。

森山未來の身体能力と歌唱力にちょっとびっくり。
満島ひかりはその猫を見守る設定で、歌も上手でした。
でも、それ以上に、こんな細い人がいるんだー…ってぐらい細い子でした。

第二部は、主役の猫がやっと生きる目的を見つけて、恋に落ち(満島ひかり演じる猫と)、もう生まれ変わらなくてもよくなるような生活をして死んでいくという場面。

私は絵本を読んでいたので、ストーリーを知っていたのだけど、パパは知らなかったらしく、

「んで、結局、何が言いたかったんかな?」と最後にボヤいていました。

でもミュージカルは劇団四季の「ユタと不思議な仲間たち」以来だったので、なかなか素敵な機会だったなと思いました。

今、広島で劇団四季のCATSをやっているから、それも行けたら行きたいような気になった感じでした(*^_^*)

たまには夫婦でおでかけするのもいいかな…
まあ、喧嘩せずに無事に帰ってこれて良かったです(笑)

スポンサーサイト
自分のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)
プロフィール

みるりんこ

Author:みるりんこ
ご訪問頂きありがとうございます。
お出かけ、ランチ、料理、お買い物、ネイル、などなど…日々のことを徒然なるままに記録しています。
限定記事にはパスワードが必要になります。ブロ友申請、直接連絡先のお分かりの方はご連絡下さい。

カウンター
うちゃまが生まれて
ゆなっこが生まれて
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ